アビゲイルの高級賃貸探訪

外国人SEとして日本で働くアメリカ人女性の住宅見学日記

女性の薬剤師にも向いている性格というものがあるということをご存知ですか

薬剤師になるためには

薬剤師は基本的に6年生の大学に入り薬学部でしっかりと学んだ後、試験を受けてなります。
年に1回ある薬剤師国家試験を受け、合格して免許を取得すれば、どなたでも薬剤師にはなれます。
しかし薬剤師には向いている性格、というものがあります。
それは几帳面な方、真面目な方、集中力や根気のある方です。
薬を調合する調剤業務の中では、薬を正確にしっかりと量らなくてはなりません。
多少の誤差ならば良いだろうなどと思ってしまうような方には、薬剤師は向いていません。

理系の勉強が出来なければ話にならない

また、薬剤師そのものが買い手市場だとも言われている事からも、目指すは理系の薬科大学となるのですが、しかし、薬剤師の資格というものは国家資格であり、難易度は高いものです。
しかしながら、近年薬学部を新設する大学も多くあり、将来において薬剤師が過剰に増加する可能性があるとも言われています。

意外と必要なのがコミュニケーション能力と責任感

また、薬剤師の仕事は人の健康状態を大きく左右する仕事でもある為、患者さんの健康を扱っているのだという責任感も持ち合わせていなくてはなりません。
他にも薬剤師は調合するだけでなく、薬の使用方法やそれぞれの薬の効能などの説明も行うことがあるので、社交的な方も向いています。
お薬に関する相談を受けることもあるので、会話力がある方も向いているでしょう。

身近なドラッグストアの薬剤師さんも大切な存在です

特にドラッグストアなどは、求人の数が多くあります。
買い手市場とも言われているのです。
夜中に体調が悪くなったときに遅くまで開いているドラッグストアーやコンビニに薬があるととても助かります。
しかし多くの場合そういったところには薬剤師がいません。
薬剤師がいれば自分にあった薬を選んでくれます。
そして安心して薬を飲むことができます。
自分で買って自分で飲む場合は自己責任でいいですが、子供などに飲ませるときは不安のほうが大きくなります。
薬剤師の存在はとても大きいと思います。
気軽に相談できる薬剤師も必要だと思います。
以上が薬剤師に向いている方になります。
参考にされてみて下さい。

アビゲイルの高級賃貸探訪コンテンツ一覧